駐車場経営をするコツ|低リスクで始められる

婦人

売場の改善に必要なこと

相談

情報管理が経営を変える

小売業において、売り場の改善に情報管理を徹底することが求められている。商品の販売時点で瞬時に単品別に情報管理ができるポスレジは、コンビニやスーパーマーケット、家電量販店など多くの店舗で導入されている。このポスレジはビッグデータを活用する経営で成果を挙げることができ、どの商品がいつ、いくつ売れたのか情報を収集できる。また顧客の性別や対象年齢を情報として付加することもでき、そこから得られた情報から商品企画やマーケティングにもつなげることができる。リアルタイムで情報が管理できることによる在庫の削減や商品の発注につなげるだけではなく、商品の企画にもつなげられる意味でポスレジを活用することは、他社との差別化を図る重要な経営判断になる。ポスレジがなければ、人気がない商品を多く発注してしまい、在庫の山になってしまうということもあり得る。どんなに店舗のオーナーが気に入っている商品でも売れる商品であるとは限らず、売れる商品を確実に揃えて欠品から生じる販売の機会損失をなくすことが重要になる。ポスレジはリアルタイムで情報が収集できることが最大のメリットだ。例えば、コンビニで雨が降った日に傘の売り上げが大きく伸びたという情報を分析して、天気予報で雨の日に傘を欠品がないように補充すると売り上げが伸びることになる。また地域のイベントがある日にお弁当やおにぎりが売れるという情報もリアルタイムで管理することができるため、ポスレジを活用して得られる情報には非常に価値が高く、経営改善に活用できると言える。